見出し画像

ものづくりにかける思い「自分に似合う。」を体感できるハイネックニットワンピース

こんにちは。newR(ニューアール)のおだぎりあいみです。
昨日、「9月28日(月)より、クラウドファンディングに挑戦する」という情報を解禁しました。

今回、Makuake限定プランとして提供させていただくのは、
自分に似合う。がわかる「newRパーソナル分析」と、
自分に似合う。を体感できる「ハイネックニットワンピース」

「newRパーソナル分析」で自分に似合うものがわかったのちに、自分に似合うものを選んで装うという行動まで通して体験いただけたら嬉しいと思っています。

<9月28日追記 プロジェクトページ公開しました!>



本稿では、「ハイネックニットワンピース」についての詳細を書きます。

この「ハイネックニットワンピース」はnewRからこの冬に発売する唯一の製品です。
一見シンプルな、冬の定番とも言えるこのワンピースには、並々ならぬ思いを込めています。
そしてその私たちの思いを形にすることができたのは、信頼できるファクトリーと出会えたからこそ。

彼らのニットに対する熱い思いと、newRの確実に似合う方に届け、愛着をもって着ていただけるものをつくりたいという思いが交わって生まれたワンピースの話を、全部書きます。

ずっと着たくなるものがつくりたい

「冬の授乳は寒く、洋服選びが大変。来年も着られる冬用の温かい素材のワンピースが欲しい」

という、マタニティのお客様の声がこのハイネックニットワンピースの原点。

意外とないんです。来年も自信をもって着られるニットワンピース。まして、産前産後を経てなお似合うものは、稀有だと思うのです。

私たちはこのご要望に応えることはもちろん、「ずっと着たくなる」ニットワンピースがつくりたいと思いました。

そのために大切なのは
・着ている自分に自信がもてること
・着心地がいいこと
・飽きないこと
・アフターケアがあって安心できること

何より、自分に似合っていること!

これらすべてを満たし、納得の形にたどり着くまで、何度も何度もサンプルを作り直しました。

一人ひとりに「似合う色」を手にしていただけるよう、この「ハイネックニットワンピース」は、「誰に似合うのか」を軸に体系化した色相の中から生産する色を選定しています。

画像1

「似合うもの」を身に纏うことは「自信」につながり、似合うからこそ大切に着たいと思う。この一着との出会いで、頼もしい味方を手に入れたような体験をお届けしたいと考えています。


流行を追わないからできる閑散期集中生産

newRが、「お客様に似合うものづくり」に挑戦ができるのは、生産パートナーであるファクトリー「有限会社サイフク」との出会いがあってのことです。

私たちがどれだけ情熱に溢れていても、創業間もない上に実績もない会社の話にファクトリーの方が耳を傾けてくださるのは、当たり前のことではありません。
さらに、「一人のお客様に長く着てもらいたい」という私たちの思想は発注量にダイレクトに反映するため、生産側には受け入れ難い思考です。

そこで、少しでもファクトリーの方にとって価値になることを突き詰めたときに、流行を追わないnewRだからこそできる「閑散期集中生産」に行き着きます。

ニット生産には年2回ある発注者のシーズンと共に動く「繁忙期」と、シーズンを外れると稼働量が極端に減る「閑散期」が存在することを知り、「閑散期だけに集中して生産すれば新しい作り方ができるのではないか?」という仮説を立て、私たちにはそれが可能だと思いました。

newRは、「お客様に似合う」を軸にしたものづくりをしており、流行の色・形・素材や、人気ランキングを追っていません。極端にいえば、2025年の秋冬に向けたものを今生産しても全く問題ありません。

また、ファクトリー側に納期を合わせることで、時間的にも余裕を持ったものづくりをしていただけるので、生産に携わる方にプロダクトへの愛情も込めてもらいやすいのではないか。それは最終的に、品質とコストという両面で、お客様に還元でき、お客様の満足をも高めることができるのではないかと考えました。


ニットの聖地である新潟県五泉市(ごせんし)のファクトリーとの出会い

幸せなことに、私たちの思いを受け取っていただくことができました。

「閑散期集中生産」について取り上げていただいた新聞記事をご覧になったファクトリーの方から、メッセージをいただいたのです。

「日経MJの記事を拝見し、ご連絡差し上げております。
中略
お取り組みを拝見し、ニット生産でもお手伝いができるかどうか検討したいと考えています。弊社にも閑散期があり、その中での導入であれば納期なども読みやすくなっています。…」

メールを読んで飛び上がって喜びました!
歴史と実績があり、そして何よりニット作りに対する真摯な思いを感じるファクトリーからのご連絡。

私たちの思いに共感をいただけると確信し、すぐに訪問の希望を伝えました。


国産ニット2%の実情、日本のものづくりを一緒に守りたい

メッセージをいただいた3月、私たちは新潟県五泉市(ごせんし)に初訪問しました。片道3時間の道のりを経て五泉駅に降り立ったとき、なんともいえない懐かしさを感じたのは、我々の故郷にも似た景色があったからです。

画像3

画像4


早速、ファクトリー内を見学し製造ラインの「すべて」を案内いただきました。

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

技術者の皆様が真剣にニットに向き合われている様子を目の当たりにして、「こちらで作ってもらいたい」という思いがどんどん増していきます。

画像10

また、日本のニット製造業の抱える課題についての共有もいただきました。

(有)サイフクのある新潟県五泉市は、ニット産業を核とするまちづくりをされています。世界一の縫製技術を誇る「五泉ニット」を地域ブランドとして育て上げ、地域が一丸となってその技術の継承に取り組まれている場所です。

国内に流通するニットのうち日本産は2%、というのが実情ですが、それは、買い手、売り手、作り手の三方よしではなく、偏ったところに無理を生じさせているから。

大量生産大量消費、短納期では、やはり作り手の方に無理が生じて疲弊し、後継者となる人も育たず、この世界に誇る産業が衰退することにつながるのだと確信しました。


newRは、三方よしのものづくりを目指しています。日本各地の地域に根差した技術や思いの継承に少しでも貢献したい。(有)サイフクとの出会いによって、その考えはさらに大きなものになったのです。

そして、彼らは、我々の熱意に応えてくださいました。

画像11


自分に似合う。を体感できる「ハイネックニットワンピース」

画像2

「ハイネックニットワンピース」はご覧の全7色展開。サイズはFREEです。

こだわり抜いた結果たどり着いたのは、カジュアル過ぎないシンプルさ、でした。

画像12

画像13

画像14

画像15

シニア世代やカジュアルが苦手な方にも安心して着ていただけるデザインになりました。一枚でも着られますし、スカートやパンツなどと合わせたコーディネートも楽しんでいただけるので、あなたを飽きさせません!

今回、信頼できるファクトリーと直接取引することによる中間コストの削減と閑散期生産で、昨年から価格を1,000円下げることができました!

それでも本製品の定価は税込47,300円。決して安い金額ではありません。
これは、「長く愛用いただくため」のデザインを追求し、糸の量を大変多く使っていること、編地に変化をつけていること、そして直接、確実にお届けできる量だけを作るという少量生産であることの影響が大きいです。

アパレルが大量生産をする理由は工賃が低く抑えられるためです。似合う人がいるかどうかわからないものを工賃を抑えるためだけに大量生産大量廃棄するのは私たちの本意ではありません。

確実に似合う方に届け、愛着をもって着ていただけるものを作りたい。そして、お届けして終わりではなく、長く愛用いただけるようにアフターケアまで責任を持ちたいと考えています。

今回、Makuakeでご購入のお客様限定で、無料でアフターケアをサポートさせていただきます。これは自社でもアフターケアに注力され体制が整っている(有)サイフクのご協力があって初めて実現しました。

「自分だけに似合うニットを大切にケアしながら何年もお召しいただきたい。お気に入りであればあるほど、虫食いの穴や糸のひっかけなどお手入れの心配ごとはつきものですが、その心配ごとからお客様を解放したい」という願いが叶い、大変嬉しく思っています。


また、私たちは、納品して終わりではなく、「手がけたものが、お客様に愛されるワンピースになった」と実感できる体験を、ファクトリーの方へもお届けしたいと考えています。今回のプロジェクトで、ワンピースをお召しいただく方とのご縁を(有)サイフクとも共有してまいります。


最後に、newRはセールをしませんので、「早割」はMakuakeだけの特別価格になります。
ぜひこの機会に、チームnewRと共に「自分に似合う。」を体験いただけたら幸いです。

Makuake(マクアケ)プロジェクトページ


更新情報はTwitterでもおつたえします!

ありがとうございます!\エアハグ/送ります!aimi
28
newR, Inc. -自分に似合うで、みんなを笑顔に- 人と物を「似合う」で結び、流行、性別、年齢、慣習に縛られることなく、「自分に似合う物を選ぶ」新しい価値を創造します。 https://newr.co.jp/

こちらでもピックアップされています

クラウドファンディング挑戦記
クラウドファンディング挑戦記
  • 5本

プロジェクトページ https://www.makuake.com/project/newr/  アタラシイものや体験の応援購入サービスのMakuake(マクアケ)で、「自分に似合う。がわかる新しい体験」を届けるプロジェクトに挑戦。その一部始終をレポートします。